看護の仕事をする上で心掛けておきたいこと

看護師の仕事をするのに必要なのは、言うまでも無く看護師資格です。しかし、資格を持っていれば簡単に看護師になれるというわけでもありません。
看護師としてのスキルは実際に現場で働いてみてはじめれば身に付くものです。それでは、実際に現場に出るまでに必要な心構えというのはどういうものなのでしょうか?いくつか挙げてみましょう。
まず大切なのは礼儀や言葉遣いに気をつけること。これは、看護師としてはもちろん、社会人としても当然のことですね。
特に気をつけたいのは先輩や同僚との人間関係を良好に保つことです。看護の仕事は一人で行うものではありません。いざという時に頼ることができる仲間を作ることが大事です。
患者さんは、大小の差こそあれ負傷や病気によって元気を失っています。看護師は、そうした患者さんに元気を与える存在にならなければなりません。
看護の仕事というのは、常に命と向き合う仕事であるということを忘れないようにしましょう。一瞬の油断が患者さんの命に関わることもあるのです。

看護師の仕事は大変です。大変すぎて転職を考えてしまう看護師もいます。しかし、一旦仕事人間になってしまうと、その重圧にはそう耐えられるものではありません。仕事ももちろんですが、プライベートも充実させましょう。ワークライフバランスを上手に保つことが看護師業務を続けていく秘訣です。
遊びの時間や休息の時を取ることも仕事のひとつと考えましょう。慢性的な疲労によって起こったケアレスミスによって、重大な事態を招いてしまっては本末転倒です。休むことも患者さんのためということを頭に入れておきましょう。

Leave a Reply